TOP

太陽光発電に関する不思議

豊中市は大阪でも大きな市なのですが、最近では太陽光発電が少しずつ普及しつつあるそうです。
それだけエコロジーに関する興味を持つ人も増えてきているのではと思います。
そんな太陽光発電すが不思議に思う人も多いのではないのでしょうか。
例えば屋根には黒いパネルが付けられていますが、これはどのようにして設置されているのか不思議に思う方も多いかと思います。
金具などはみえないので分からないと思いますが、実はこれは直接金具を屋根の上に打ち込んでいるのです。
これによってしっかりとパネルが屋根の上で維持されています。
ただ屋根の上で引っかかっているだけではないのです。
またそのほかにもこのような不思議もあると思います。
そもそも何故太陽の光が家庭で使われる電気になるのかということです。
太陽光発電はまずモジュールという機器によって太陽の光を受け止めて電気が発生します。
しかしこれだけではまだ家庭用の電気にはならないのです。
これを家庭用に使える電気にするのがパワーコンディショナーというもので、これで使えるようになります。
パワーコンディショナがなければ太陽光発電というものはなかったといっても過言ではありません。
それくらい大事な機器なのです。
他にもまだ不思議といえば、何故太陽光発電なら二酸化炭素を発生しないのかという疑問があります。
太陽光発電というのは駆動していないからこそ二酸化炭素を発生しないのです。
もしも駆動する部分があれば二酸化炭素を発生したかも知れません。
実際に太陽光発電を間近で見てみるとあまり音もしませんし本当に電力を作っているのか疑問に思うほどなのです。
しかしだからこそ騒音の被害も無ければ二酸化炭素による環境破壊もないのでいいと思います。
不思議や疑問はまだまだあるかと思いますが、それらは全てネットの太陽光発電のサイトなどで掲載されていますので、それも見てみるといいかも知れません。
太陽光発電のよさも分かります。

Read More