太陽光発電を取り扱っている会社について

太陽光発電は、太陽の光を利用して家庭や事業所等で使う電気を発電する仕組みです。
以前、携帯型の電卓が家庭等でも普及していましたが、そこに取り付いていた太陽光パネル自体を大型化して、しかも発電能力を極限まで上げたのが現在普及している太陽電池とも言えます。
そして、昨年の福島原発事故の影響もあって電力事情が切迫していることもあり、しかも政府自体も環境に優しいクリーンエネルギー政策を推進しているため電機メーカーを始め、多くの会社が参入し開発している分野です。
それ以前でも、京都議定書によって地球の温暖化を防ぐ取り組みの一環として、環境に優しいクリーンなエネルギーであり、脚光を浴びた時期もありました。
実際には、そういった太陽光発電が普及して行くためには、民間の会社による研究・開発を欠かす事が出来ません。
なお現在、太陽光発電を製造している主要な会社は日本国内でも8つほどの会社があります。
近年は、海外で生産された安価な太陽光発電パネルが日本でも輸入されているほどで、韓国産も定評があります。
ちなみに日本国内で普及している太陽光発電メーカーは、シャープ、京セラ、三菱電機、パナソニック、東芝、ソーラーフロンティア、サンテックパワー、カナディアンソーラーなどです。
勿論、各社それぞれには製品仕様や性能等にも違いが見られるのは確かです。
サイズ等や取り付け方法や自分の家の屋根の状況、並びに周辺の環境に応じて、適合した太陽光発電の製造するメーカーを選択することが大事になります。
また消費者が太陽光発電を導入する上で気になることには、料金とその性能かもしれません。
性能に関しては最大発電量がどのくらいとなるかと太陽光の電力への変換比率がどのくらいになるかが気になるところです。
その他に寿命やアフターサービスがどうなるのかといった要素も鍵を握ります。
アフターサービスについても、保証期間や定期点検の月日も太陽光パネルを製造するメーカーによってまちまちでもあるので注意をする必要があると言えます。
なお太陽光発電メーカーの主力製品を幾つもの項目毎に分けて、比較しているサイトや雑誌等も見受けられます。