TOP

節電のためにも都島区で太陽光発電

今年の夏は例年にない猛暑となりました。
夏の電力ピーク時を前に大阪では電力が不足するという宣伝が喧伝されていましたが、
結果的には電力は不足することなく乗り越えることができました。
今年ほどの猛暑でも乗り越えることができたのなら、
ほとんどの年で大丈夫なのではないかという気もしますが、
null政府や電力会社からまた何を言われるかわからない現状です。
それを考えると自分たちでできることは自分たちでやっておきたいと考えます。
自分たちで発電する方法として一番有望なのが太陽光発電でしょう。
それにいままでどおり電気を利用していると、
再生可能エネルギー発電促進賦課金が電気料金に加算されることになるため、
いま太陽光発電を始めておかないと損をする可能性が高いのです。
都島区で太陽光発電を始めるとしたら、
補助金なども見込める今がチャンスなのではないかと思います。
来年度の補助金がどうなるかはまだ分かりませんが、
これから太陽光発電を推進する動きが出てくるのではないでしょうか。
いままで通り電力会社の電気を使っていると、
電気料金の値上げと再生可能エネルギー発電促進賦課金のダブルパンチになってしまいます。
自分たちの電力を自分たちで作ることができるというのは安心感もあります。
高めに設定された再生可能エネルギーの買取価格もいつまで続くか分からないのですから、
いまが太陽光発電の始め時なおではないでしょうか。
私もいまから太陽光発電を考えたいと思います。